スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イタグレEinの成長記

知らぬ方が良かった事

Category : お留守番練習
でも知らなきゃいけない事でした。
[本日は飼い主、心が折れ気味のため写真なしでお届けします。]

お留守番訓練を続け、1時間くらいはクリアしてきた所で
今日は用事があり予定の訓練時間よりもちょっと長めにお留守番をしてもらいました。
今までも数時間の留守番は何度かあったので、最近は無駄鳴きも無いし、大丈夫かな?と思いつつ
訓練士さんからの勧めもあり、「留守番の様子を録画」に挑戦してみました。

私が今まで「これくらいの時間なら問題ない」と思っていた根拠は、
ハウスが荒れていない事や帰ってもすぐに騒いだり鳴いたりしない事からで、
正直、今日まではどんな様子で過ごしているかわかりませんでした。

------------------------------------

帰宅後、怖い気持ち半分でいざ録画を見てみると。
出かけ直後、ガムやおもちゃでばたばた大騒ぎ。多少外を見渡し「キュン」と鳴き寝につく。
「よかった、順調だ」と次に動きのある映像を見ると、そこには衝撃の映像が映っていました。
(大げさなんですけど。苦笑)

1時間半くらいして、寝起きざま、サークル内をくるくるし、辺りを見回し、
すぐさま「キュンキュン」と鳴いたと思えば「ギャオーン」の遠吠えが始まり、
そして「ワオンギャオンヒーヒー(以後、言葉にならない)」。
そして暴れ、ケージの格子噛み。明らかに異常な興奮状態。
はじめは「例のあれが始まったか」とゲンナリしましたが、驚きなのはその先で
それが30分以上も絶える事無く続いていたという事実。
アインさん、あまりにウルサくてマイクの音も割れてたよ。

その先は怖くて見れませんでした。
いずれにしても、留守番中に鳴き叫ぶ事に違いありませんから。

------------------------------------

アインの「鳴き」が収まった(と思っていた)のは、限定「人間がいる時」だったようです。
これっていわゆる分離不安(予備軍)デスヨネ・・・。
そうならないためにも、サークル内で過ごす時間を増やしたり、
服従訓練もそこそこ順調で、お留守番前の準備もトレーナーさんに教わったのに
お留守番はまだ全然駄目でした。
(そりゃ、予定より少し長めのお留守番だったけど、
そのままやっていても数日後に明らかになる問題だったでしょう。)

世の中に「お留守番トレーニング」がある位なんだから、
はじめから出来なくて当然と思うんですけど、あそこまで酷いと正直いろんな事を考えてしまいます。
気をつけて接していてもなお、なんでこんなに依存度が高いんだろう?とか。
(イタグレはみんな人間好きだと思いますが。)
そして、あんなに鳴き叫ぶ程、何が悲しいの?寂しいの?つらいの?とか。
(犬の考えはわかるはずもありませんが、悲しいし辛いんでしょう。)
こちらがどんなに頑張っても、犬には犬の事情がある。それが対生き物って事でしょうね。

トレーナーさんに半分泣きが入りつつ今日の件を相談。
「たぶんそうだと思っていました」と言われちゃいました。(苦笑)さすがプロです。
明日からは、鳴くまで玄関外で待機して鳴きを止める方向にしましょうと。
(いくら昼間だからって、あの鳴きは苦情どころの騒ぎじゃないでしょうし、
ご近所の方、本当にごめんなさい。
私も隣室からあの音や声が聞こえてきたら驚きます。)
寝起き後に鳴くパターンっぽいので、マンションの廊下で1時間も2時間もぼーっと待っている私は
完全おかしい人でしょうが、通報されないよう気をつけて(笑)、出来る限り頑張ってみようと思います。
「そんなに長くはかからない」との事なので、その言葉を信じて・・・。


あれほどまでに酷く鳴くと言う事は、極度の不安・寂しさを感じているのには違いありません。
そういう状態になってしまうのは、どんなに気を付けていようとも、人間のせいでもあるんだろう。
早めに解決してあげなくては、苦しんでいるアインがとてもかわいそうに思う。

アインにとっては、いろんな制約があって、
自由気ままに生きられないという大変申し訳ない環境だけど、
私も出来る限りの事を最大限にやっているから、なんとか共存できるようになっておくれ。


以上、久々にだらだらと吐き出してみました。失礼しました。
スポンサーサイト
イタグレEinの成長記

Comment

こんばんは!

そうでしたか…。うちはもっと長い時間、しかもうちに来てすぐにそんな状態にしてたので、正直うちはもっと酷いかもと心配になりました。

やっぱり独りで長時間はなかなかハードルが高い試練なのですね…。

うちは相変わらずの噛みグセと最近は僕のスパルタで僕のことが怖いみたいで、正面で向き合うとパニック状態になり、部屋の中を凄い勢いで何往復も吠えながら走り回ります…。

本当にうまくいかないことばかりで早くも挫折ぎみ。

でも、こうやって血が繋がってる子が飼い主と共に頑張ってる様子を知ると、うちも頑張らなきゃと思うのでした。

サコさん、頑張って素敵なイタグレにしましょうね、一緒に!

No title

こんばんは。

みなさんそれぞれ悩みは違いますが、色んな意味で自分との戦いに近いですよねi-201

うちの今の悩みは食糞と噛むことです。
食糞を初めて目撃した時はすごく衝撃的でした。
今となってはどちらも時間がかかることで、うまく付き合ってくしかないか・・・と前向きに程よく諦めてます(笑)

そのうち、あんなこともあった!と笑い話になりますようにe-29




tyrockersさま

コメント、ありがとうございます!
そうなんです…、そうだったんです。(笑)

この症状に関しては、躾を本格的にやる前にも1時間以上鳴き続けた事もあったので、
「やっぱりか」という落胆でしかないのですが、考えればまだ子供…。
「鳴かないかな…」というのは人間が勝手に期待していた事で、
アインからしたら当然なんだろうと思います。

ネットで調べると分離不安系の事は生まれよりも育て方だそうですよ。
(それがなおさら、私を落胆させた事実でもありましたが。苦笑)
tyrockersさんの所も同じとは限らないと思います!(^^ ご安心を。

部屋の中を凄い勢いで何往復も・・・。イタグレってそんな印象ですよね。
わかりませんが、怖いというよりは「遊ぼうぜー」って誘っているのかも??

そうですね、お互いに挫折しそうになりつつも、頑張って育てていきたいですね。
打たれ弱い私(苦笑)なので、愚痴が多いのですが、なんとか踏ん張ってみますです。

ruttuさま

こんばんは~。コメントありがとうございます。

躾は本当に「自分との戦い」の領域には違いないですよね。
「まぁ、いっか~」って思えれば、なんてことない事に苦しんでみたり…。(^^;
こちらもつい焦っちゃったりして、なかなかうまく行かない時がありますね。

食糞、以前飼っていたコーギーがそれで悩みました。
キャベジンを振りかけてみたり、いろいろ試しましたがなかなか治らないですよね。
その時は、食べても死ぬものでもないしと、こちらがあまり神経質にならずに接していたのを覚えています。

きっと、子犬の躾で苦しんだ人はみんな、
「あんなこともあった!」って思うようになるんでしょうね。
3年後には、あの頃に比べて今は少しさみしいな~とか思っていそうです。(笑)
うちの鳴きも、ruttuさんの食糞や噛みも。それを信じて頑張ってみます。

大丈夫ですよ☆

3年なんてかかりませんよー

我が家はちょうど去年の今頃クレートトレーニングをやっていて、
sacoさんみたいに、本当に心が折れそうになってました^^;
一晩中ぎゃんぎゃん泣かれ続けて、
眠れないし、ご近所の手前もあるしであせりもあり。

今、その時の記事を読むと、なつかしいなぁー
って思うと同時に、手のかからなくなった今の状態が、
なんだか寂しいなぁとも思うのです。
そして、あきらめなくて良かったとも。

絶対に一緒に楽しく暮らせるようになりますから!
あまり頑張りすぎずに、肩の力、抜いてくださいね☆

viniさま

コメント、ありがとうございます。^^

夜鳴きが酷かった頃に、小雪ちゃんのクレートトレーニングの記事をずっと読ませていただいてました。
アインも鳴かない様になるのかなーって、不可能な事のように思っていたのを覚えています。

3年もかかりませんかね~。(^^;
今回のトレーニングは人が居ない場での事なので、素人的にはかなり難関で弱音ってます。(苦笑)

「絶対に」楽しく暮らせるようになる!とのお言葉、ありがとうございます。(T_T
それを励みに、どうしても力は入っちゃいますが、なんとかやってみたいと思いますです。

No title

初めまして~

うちは飼育放棄されたダックス3歳を引き取ったのですが
もう吠える吠える・・・(苦笑)
訓練士さんのおうちに数日合宿して戻ってきたのですが、
怪しい部分がチラホラと。。
特に留守番がダメですね。部屋にいないから留守番なので
あって訓練のしようがないですもん(笑)

我が家はすでに近所から苦情を頂きまして、けっこう
崖っぷちです(^^;)
だけどまぁ、いただくものいただいたら肝も据わるってもんです。

また遊びに来ますね~♪

りんご♪さま

はじめまして!コメント残してくださってありがとうございます。^^

「いただくものいただいたら肝も据わる」って、かなり良い表現ですね。
この言葉を見て「うちもそう思っていればいいのか!」と気持ちが500g軽くなりました。(笑)
(この500gはかなりデカいですよ。) まぁ、ご近所さんゴメンナサイですが。

里親さんになられたとの事、とても素晴らしいですね。
私の実家でも殺処分前のMIXを引き取っていて、
犬を飼えるとなった時に里親になろうかすごく迷いました。
でも、理由あって里親に出す子を制限のある環境でちゃんと育てられるか不安で断念しちゃったので、りんご♪さん、ほんと、尊敬です!

私も後ほど、Blogに遊びに伺わせていただきます~。
非公開コメント

にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
プロフィール

アインの父・母(saco)

Author:アインの父・母(saco)

Ein(アイン)
ブルーフォーンでホワイトが多い
間の抜けた模様の女の子。
賢いけど、頑固で強情でマゾい。
人間もワンコも大好きな分離不安気質。
世渡り上手。

saco(Ein母)
本職不明、NEET街道を進みたがる雌。
2011年末、ペットセラピストと動物の看護師
ライセンスGet。持ち腐れ気味。

 
誕生日
 
カテゴリ
 
最新記事
 
最新コメント
 
月別アーカイブ
 
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
 
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。